ドイツ旅行3
 
2003.12.16 ニュルンベルグ〜ローテンブルグ
駅の掲示板
「さあ,これからローテンブルグへ出発だよ。
乗り換えが多いから,間違えないようにしなくちゃね。」
電車だよ〜ワクワク♪
「ばぁ,僕たちの席だよ〜ワクワク」
「空いてるし,どこでも座れるわね♪」
「さぁ,出発〜(^o^)」
列車はこんな感じ
「Neustadtでの乗り換えするんだよ〜。」
「あの列車でいいのかしら?」
「ドイツの列車の先頭は機関車みたいだけど,中は広々してて綺麗で暖かなんだ〜。」
予習予習♪
「さあ,ガイドで勉強だー。」
「なんだか外はどんどん雪深くなってるわねぇ。大丈夫かしら。」
ドキドキのバスに乗り換え
「大丈夫じゃなかったね〜(^_^;)」
「あのバスに乗り換えるのね」

なんと,2回目の乗り換えで電車が止まっているらしく,バスに乗り換えることに。しかも,最初アナウンスがわからなくて,ホームに上がったら,"XXXXX,ローテンブルグXXXXX by bus!"という放送が・・・よくわからないので,駅員さんに尋ねようと思って駅員室をトントンとしても,"by bus!"と繰り返すだけで出てきてくれないの。でも,なんとかバスに乗ることが出来てよかったです。
ローテンブルグの城門
「ふー,やっと着いたー。」
「ローテンブルグの入り口だよ〜。(^o^)」
「じゃ,早速中に入ってみようね。」
マルクト広場と市庁舎
「マルクト広場に着いたよ!」
「観光の人でいっぱいだね〜」
「白い建物が市庁舎だって。ここの塔のてっぺんに登れるんだよ。」
「え!行ってみようー!」
塔の上からの眺め
「うわぁ...寒い...」
「いや,そうじゃなくて(^_^;)いい眺めだねー。」
「すぐ前のが市議宴会館ね。あそこで仕掛け時計があるらしいわよ」

市庁舎の上からの眺めは最高なのですが,塔の通路は狭く急なので,登るのが大変でした。着いたときには息が切れてたり(^_^;)市議宴会館の仕掛け時計はジョッキでワインを飲み干すもの。始まるとみんな上を見て待ってるの。
教会の全体
「ここは聖ヤコブ教会だよ。
おっきくて,天井のすごーく高いんだ。
木の彫刻もとっても細かい細工ですごいんだよ〜」
教会のステンドグラス
「これは教会のステンドグラスよ。
こんな感じでガラスにはほとんどはめ込んであるの
見とれちゃうでしょ♪」
名物お菓子!
「あ,名物のお菓子シュネーバルよ♪」
「わーい(^o^)食べよう,食べよう。」
シュネーバル試食♪
「意外と大きいわね。じゃあ,いただきまーす。
う゛,味がなーい(;_;)あのチョコの方がいい〜。」

「だーめ,ちゃんと食べなさい。」
「えーん」

揚げ菓子なので,ドーナツをイメージして,甘さ控えめのものを選んだのですが,これが,全然甘くないの。しかも,真ん中から割ると,ばらばらになって食べにくい(^_^;)もし食べる機会があったらチョコ味がいいかも。
あっという間に夜〜
「もう真っ暗だよ。日が暮れるのが早いね〜。」
「でも,夜もきれいな街並みね♪」
そして,夜はクリスマス市へゴー!
で,でかっ!
「わーい,ソーセージだー♪って僕の体より長いよ(@_@)」
「それは,1/2メートルソーセージだからだよ。」
「そっかー,ってどこから食べるの?」
マルクト広場の大きなクリスマスツリー
「おっきいクリスマスツリーだー。(^o^)」
「寒いけど,せっかくだから記念撮影♪
綺麗に撮ってね♪」
綺麗にライトアップされた市庁舎
「昼間に見たのと雰囲気が変わるね〜。
とっても綺麗な夜景だね♪
乾杯ちゅりよ♪
「さあ,やっと晩ご飯よ♪
まずは,名物のフランケンワインで乾杯!」

「フランケンシュタインで参拝?」
「なんでそうなるのよ(-_-メ)」
美味しいソーセージいただき♪
「じゃあ,ボクはソーセージをいただき♪
おいしーい!(^o^)
じゃ,横の野菜も...う,すっぱい。(;_;)」


ドイツ定番のソーセージとキャベツの酢漬け。今回の旅でどれだけ食べたことか(^_^;)ソーセージはやっぱりとっても美味しいです。が,付け合わせのキャベツはちょっと酢がきついです。

ドイツ旅行2へ ドイツ旅行4へ