オランダ・ベルギー
チューリップ旅行

〜お土産Part 2〜
どれが誰の? 「この大きな木靴は誰のものかしら?」
「私がすっぽりと入っちゃうの」
「ひよちゃんが入ったらお船みたいだね」
「じゃ,この美しい細工の靴は
私が履かせていただくわ,オホホホ」

「あ、いや・・・ちゅりちゅり,
一番小さいのはちょっと...」
彫りの美しい靴は・・・
入ってないね〜 ミシッ
「・・・えーっと(__;)」
「やっぱり...」
「小さいのと中ぐらいのは,私とチャンバがぴったりよ。」
「ちゅりちゅりは,そのでかいのを...」
「ちどいわ,でかいのだなんて
...あら,でもぴったり...」
ジャストサイズは?
だ,大丈夫? 「ぴったりなんだけど,重そうだよ(^_^;)」
「そ,そんなこと無いわよ」
ずずーーーーー,ずずーーーーー

「な,何事?
・・・ちゅりちゅり,トレーニング中?」
「うふ♪なんにせよ,
お気に入りの靴ができてうれしいの!」

「そうだよね,よかったね〜」
よかったね〜
待った〜! 「あ,これは,ぼくの木靴?」
「ええーーー!」
ミシッ
「だめだったらー,入らないよー」
「だめー,こわれる〜(>_<)」
「え?ほらちゃんと履いてるよ?」
「足先しか入ってないし...」
「横から見たら,バレバレだよ」
「えーん,ぼくも靴が欲しい」
「蹄鉄じゃないの?(^_^;)」

というわけで,うーちゃんにはやっぱり
クッションカバーのお土産のみでした(^_^;)
ちょっと無理があったね
ベルギー・オランダ チューリップの旅 お土産1へ