オランダ・ベルギー
チューリップ旅行

〜Part 2〜
4/27
ハム・チーズが山盛り〜♪ 「ここのホテル,朝ご飯がおいしいわね(^o^)」
「うん,ハムとチーズがたくさんあるよ。」
「さすがオランダ!むしゃむしゃ」
(たくさん食べたら,オランダの人のように背が
高くなるかしら?)

オランダは世界で一番身長が高いそうです。
確かに街を歩く人は女性もみーんな背が高い!
「じゃ,今日はアムステルダム観光に出発だね!
トラムに乗って,ガタンゴトン〜」
トラムに揺られて列車の旅〜
運河の街並み 「たくさん川があるわね。」
「あれは,運河だよ。市内の中心部だけでも,
五重に運河に囲まれてるんだって」

「さあ,今は観光シーズンで混むらしいから,
急ぐわよ」
「まずは,国立博物館。レンブラントの絵がたくさんあるんだよ」
「今年はレンブラント400年記念なのね。で,この髭の人は誰?」
「いや,それはたぶん・・・1人しか...」
さあさ観光だ〜
へぇ〜 ほー... 「これが,有名な『夜警(Nachtwacht』だよ」
「ふーん...」
「ひよちゃん,食べ物じゃないから興味ない?(^_^;)」
「広くて見応えあったね〜」
「はー,おもしろかった」
「次は,ゴッホ美術館だね。」
「あれ?国立博物館,すごい行列になってるよ!」
「え?じゃゴッホ美術館も?」

ガイドさんには言われてたんだけど,
どこの美術館も1時間や2時間待ち!
ここだけ朝一番に入ってよかった〜
オランダも観光シーズンなのです。
美術館は長蛇の列!
王宮...? 「じゃ,街を散策しましょ。」
「まずは,王宮...王宮?」
「王宮の前のダム広場で,なんか出し物が出てるよ」
ごーーー,きゃーーー,チャリンチャリン...
「わぁ!ペンとかライターが降ってくる〜」

オランダで4月29日はQueen's Dayという祝日。
その日に向けて,王宮前のダム広場に遊園地ができていました。
でも,回転の外側は,道路まではみ出てるし,
乗っている人から,ライターやらペンやらが降ってきていました。
オランダって豪快(^_^;)
わぁ,ライターが降ってくる〜
パバロッティさん,こんにちは〜 「やあ,のてちん!」
「えーと???三大テナーのおじさん?」

このままでは,アムスカードが赤字になってしまうので,
いろんなところに入ることに。
まずは,マダム・タッソーの蝋人形館。
ロンドンが本家ですけどね。
でも,本当に人間と見間違うくらいよくできていました。
「あ,見てみて!あれが有名なマリリンモンローね!」
「いらっしゃ〜い」
「パヤッパヤ,パヤッパヤ,フォーーーーー」
「ちゅりちゅり,フォーー,は間違いだと思うよ(^_^;)」
私もミニよ〜
運河を船に揺られて... 「次は,運河を船で行く,カナル・クルーズね」
「周りがガラスだし暖かいわね〜(^o^)
椅子や机もあって落ち着く〜♪」
「運河の両脇には船がいっぱいだね」
「お家みたいなのもあるよ。ここに住んでるのかな?」

運河沿いにはハウスボートがぎっしりです。
オランダはお花を植えている人が多くて,
ハウスボートにもパンジー・ビオラ・チューリップや樹木の鉢が
所狭しと置いてありました。
都会なのに,緑が多くて落ち着きます(*^_^*)
お船の名所巡り〜
ちょっと工事中 「あれが聖ニコラス教会だって」
「でも,この名前の教会,どの街にもあって,
どれがどれかわかんないね。」
「あれが,マヘレの跳ね橋だよ。」
「ホントに橋が上がるのかしら?」
夜はライトアップされるの♪
でも,お船は改装中だったの 「あの遠くに見えるのが海洋博物館ね。
あのあたりは空いてそうね。」

「でっかいお船があるよ〜。
あれも見られるのかな?」

「あ,閉館まであと30分だ!
走れ〜!」
「さすがお船の国オランダ。
たくさん古い海図があったね」

「わぁ,豪華なお船!乗りた〜い」

「さあ,こんなに明るいけど,もう5時を過ぎたね。
今日はこれでおしまい。」
「明日は,チーズとか,風車を見に行くんだよね♪」
2人乗り豪華客船?
チーズすきすき〜♪ 「じゃ,晩ご飯〜♪
・・・て,サンドイッチ?」

「文句言わないの。オランダのご飯は抑えて,
ベルギーでたっぷりと食べるんだからね。」

「でも,さすがオランダ!チーズがうんまい♪(^o^)」
ベルギー・オランダ チューリップの旅 1へ ベルギー・オランダ チューリップの旅 3へ