オランダ・ベルギー
チューリップ旅行

〜Part 5〜
4/30
一面のチューリップよ,さよ〜なら〜 「今日は朝からベルギーに移動だって。」
「ああ,チューリップのふるさと,さようなら〜」
「そして,ベルギーチョコよこんにちは,ね(^o^)」
特急電車に揺られて3時間。ブリュッセルの駅に到着〜。
「おとなりの国なのに,雰囲気が違うね」

「ボンジュール〜」
「うわぁ,この国の人,フランス語しゃべってる〜」
(複雑な歴史を持つベルギーでは,地域によって,フランス語,
オランダ語,ドイツ語などいろいろな言葉が使われています)
街だね〜
と,思ったらこんな景色が! 「さあ,ホテルに荷物も運んだし,
まずは駅のあたりを探検だー」

「たんけん,たんけん(^o^)」

「駅のすぐ裏が,ロワイヤル広場。王宮とかがあるんだよ」
「ねぇねぇ,街の方に塔が見えるよ」
「あれば,世界遺産グランプラスのあたりだね。
あとで行ってみようね」
「これは美術館だよ」
「石畳の連続で足がいたーい」
かっこいい建物が多いね〜
素敵な王宮でしょ♪ 「ここが王宮ね。こんな街中に,王様が住んでるの?」
「住んではいないんだって。」
「なーんだ,お姫様を見たかったなぁ...」

駅から歩いて3分で,王立美術館とか,王宮とか,
名のある建物がずらりとあります(^o^)

「さあ,次は,街の中心,グランプラスへ行くわよ」
「ここはギャルリー・サン・チュベール。
ここを抜けて広場に行こうね」
「ギャルサー?」
「いや,そうでなくて...。
ギャルリーってショッピングアーケードなんだって。」

「でも,ショッピングするところで,みんなご飯食べてるわよ。」
「テラスでお食事するのが当たり前みたいだね」
テラスの食事も絵になるね
ウィンドウが素敵(*^_^*) 「あ!ベルギーチョコのお店発見!」
「ディスプレイがきれいだね〜」
「じゅるるる...食べましょうよ〜」
「ねぇねぇ,ひとつでいいから〜」
「しょうがないなー。
でも,これからごはんでしょ。」
こんなディスプレイだと買いたくなるね♪
美味しそう〜 「あ,こっちはノイハウスのお店!」
「だーめ。晩ご飯が入らないよ」
「えーん,チョコ〜」
「うわぁ・・・何?この広場?
周りをぐるーっと建物が囲んでる!」

「ここが,世界遺産のグラン・プラスなんだね」
「人がいっぱい居るね〜」
元々観光客も多いのですが,
日曜日だったからでしょうか,ものすごい人でした。
これぞヨーロッパの広場!
大きいの! 「ここが市庁舎。」
「おっきーい。広場の端に行かないと,カメラに入らないね」
「建物の壁にもいろんな彫刻とかがあるね。」
「こまかーい。1つ1つ顔も違うわよ」
近くで見るとまた感動
この広場だけで幸せ♪ 「ブランバン公爵の館。ホテルにもなってるんだって。」
「すごーい,こんなおっきくて古い建物が,ぐるーっと
囲んでるんだ〜」
「こっちは王の家,って呼ばれてる市立博物館だよ」
「人が多いから気をつけてね。スリとかも多いんだって」
装飾がすごい!
有名な小便小僧・・・ 広場を少し離れて歩いていくと...
「あ,小便小僧だ〜。これが元祖?」
「元祖かどうか知らないけど・・・
ブリュッセルの最長老市民なんだって。」

「服をたくさん持ってて,毎日着替えるってきいたんだけど,
今日はほとんど裸ね」

「でも,周りに,同じ帽子の人がたくさんいるよ」
「今日は,水兵さんのお祭りなのかな?」
この小便小僧の周りの人だかりが特にすごくて,
まるで満員電車状態!
そして,みんなこの帽子をかぶってました。
すごく不思議な光景でした(^_^;)
「あ,あの布かわいい!」
「ベルギーレースのお店だね」
「ねぇねぇ,あの傘買いましょうよ。」
「明日は,レースで有名なブルージュに行くから,
その時に買おうね。」
「えーん,お預けばっかり」
素敵なレース♪
こんな変わったものも 「こっちは,ワインが服を着てるね。」
「コスプレ?」
「ちょっと違うんじゃ...」
(あの大きさなら,ひよちゃんの服にちょうどいいかも・・・)
「な,なんか,背中に怪しい気配を感じるわ...」
「さあ,今日の締めくくりは!」
「やっぱりベルギービールだね〜」
「ベルギーでは食べまくるんだから!」
「じゃ,いっただっきまーす」
ビールぐびぐび
ホテルから出ると目の前に・・・ 帰るホテルの目の前にも大きな建物が。
あとで見るとサン・ミッシェル大聖堂でした。
本当に素敵な建物がいっぱいです(*^_^*)

「ベルギーも日が長いね。もう9時なのに
夕方みたいだね」
「はー,ちかれた」
「電車で国を渡ったのは初めてだね」
「明日もたくさん歩くから,早く休みま...」
「くかーくかー」

もう爆睡してるし...(^_^;)
おやすみ〜
ベルギー・オランダ チューリップの旅 4へ ベルギー・オランダ チューリップの旅 6へ