オランダ・ベルギー
チューリップ旅行

〜Part 7〜
5/2-ゲント
今日も電車で移動なの 「さあ,今日は,ゲントとアントワープに行くよ」
「2つの街に移動だね」
「じゃあ,張り切って,食べに行きましょうか!」
「え?」
「ゲントに到着だよ〜(^o^)」
うつら,うつら...
「ああ,アイスクリームに抱かれてる夢を...」

「いや,ホントに抱かれてるんだけど?(^_^;)」
アイスクリーム・・・むにゃむにゃ
快晴! 「今日は快晴だね!(^o^)
まずはトラムで街の中心に移動だよ。」

「到着〜♪素敵な景色ね〜(*^_^*)」
「左から,繊維ホール,鐘楼,聖バーフ大聖堂が列んでるんだって」
「じゃ,まずは聖バーフ大聖堂へ〜」
「やっぱり,お寺は厳かで落ち着くね〜」
おぉ〜立派!
1枚1枚の絵について日本語で解説を聞くことも出来ます。 「ゲントの街では,ゲント祭壇画っていうのが有名らしいよ。
これは,『神秘の仔羊』。もんがいふしゅつなんだって」

(でも,ホンモノは撮影禁止だったので,これはレプリカです)
「大きくて,中にいろいろなものが書いてあるね」
「ホンモノは,扉にも絵が描いてあるから,一つが26枚の
絵で成り立ってるんだよ」
「こっちは鐘楼だね〜」
「鐘楼と言えば登るしかない!」
「ええ〜,また登るの?」
「ふふふ,ここの鐘楼はエレベーター付きだよん」
「やったー!(^o^)」
快晴の空をバックに鐘楼!
な,何者? 「あ,怪獣さん?」
「怪獣じゃなーい!守り神なのだ。
そんなこと言うと,エレベーターの場所を教えないぞよ」
「え?エレベーターの守り神なの?」
「ちっがーーう!」
「ふふ,からかうとおもしろいわね(^o^)」
「あっという間に頂上だね。
うわぁ,綺麗な建物が一望だ〜」
早い,早〜い♪
大聖堂をバックに♪ 「・・・う,うしろが,聖バーフ大聖堂だね...」
「のてちん,どうしたの?」
「声が震えてるよ?」
「だって,大聖堂が写真に入らないからって,
ボクを建物の外に出して撮影してるんだもん!」

(ぷら〜ん...ひゅーーー)
「やー,風が吹いてる〜,早く中に入れて〜」
怖いよ〜
ベルギーも運河が多いね 「ぜーはーぜーはー」
「まあまあ,きれいな景色でもみて,のんびりと散歩しましょ」
「ここも,運河があって,散歩にもってこいだね」
「あ,テラスがそろそろ店開きしてるわよ」
「お昼ごはん食べましょ,お・ひ・る!」
「はいはい,わかりましたよ(^_^;)」
こんなお天気の日はテラスが似合う♪
やっぱりベルギーではビールが水代わり? 「じゃ,かんぱーい」
「これ,どうしてお昼から飲んでるの!」
「えー,ベルギーの人には,ビールはお水代わりでしょ」
「なるほどー,って,ホントかな?」
「さあ,ベルギーはゲント名物,ワーテルゾーイだよ」
「鶏肉のクリームシチューだね。うんまい!」
「ここは,量も控えめでよかったわね」
美味しそうね〜
これが1人前! 「・・・これでも?」
「え?」
「さっきのは,1杯よそっただけだよ。本体はこれ♪」
「ど,どうしよう,でも,これぐらいなら大丈夫よね」
「しかーし,シーフードのワーテルゾーイもあるの〜」
(当然,ボールも2倍〜)
「そして,一番安いミックスサラダを頼んだのに,
20cmを超えるボールにどどーん...」

(この時点で「しまった,欲張りすぎた...」
と思ったけど時既に遅し・・・)
何人分?
お腹がはち切れる〜 「完食!(^o^)」
「ごちそうさま〜...おなかいっぱい!」
「ぽんぽこりんよ〜」

「た,立てない...」
「さあ,急がないと,アントワープに行けないわよ!」
「あーん,動けないよ〜」
ベルギー・オランダ チューリップの旅 6へ ベルギー・オランダ チューリップの旅 8へ