オランダ・ベルギー
チューリップ旅行

〜Part 8〜
5/2-アントワープ,ブリュッセル
「というわけで,アントワープ中央駅に到着〜」 駅ですよ
ね,素敵でしょ♪ 「かっこいい駅だね」
「ネオバロック様式,っていうんだって」
「さあ,大寺院までは,歩いて25分ほどだよ。」
「腹ごなしにちょうどいいね。」
「ショッピング街も,すごい格式高い建物だね〜」
「あれ?でも,写真は,マグドなの?」
マクドナルドはどこにでも・・・
ノートルダム大寺院! 「さあ,世界遺産ノートルダム大寺院に到着だよ」
「すごーい,おっきーい。」
「ベルギーで一番大きいゴシック建築なんだって」

「ここって,『フランダースの犬』で有名なんだよね?」
「日本人だけにね。
ネロとアロアの村はもう少し離れてるんだって。
ここは,ネロとパトラッシュが天に召された場所だね」

「でも,この作者はイギリス人なんだって。」
「なんじゃそりゃ?」
「そして,これが,ネロが最期に見た絵...
『キリストの降架』...ね」
「う,なんだか生々しいわね...」
みなさん,見覚えがあるでしょうか
ちょっと見えにくいですが・・・ 「これが主祭壇。
真ん中にある絵が『聖母被昇天』よ」
「そしてこれが『キリスト昇架』。
これで,ルーベンスの傑作,三連祭壇画,なんだって」
「とりあえず,おっきーーーい」
「ひよちゃん,感想それだけ?(^_^;)」
厳かな気持ちになります
たくさんの絵とステンドグラスがあります 「ステンドグラスもたくさんあって,綺麗ね〜」
「ここは,市庁舎だよ」
「国旗がたくさーん。
ん?あの人,なんか投げてる?」
すごい数の旗
市庁舎の前の像です 「きゃーーー,手首よ〜
手首を投げてるわー,事件発生,事件発生!」

「ちゅりちゅり,落ち着いて!」

「あれは,巨人アンチゴンの手だよ。巨人を倒して,
手首を川に投げた英雄シルヴィウス・ブラボー像だね。
アントワープって,”巨人の手ant””投げたwerpen”っていう
意味なんだって」

「へー,のてちんすごーい,って何読んでるの!」
「さ,帰る前にお茶しましょ」
「世界遺産の前のカフェテラスね(^o^)
ぜいたくだわ〜」

「ホント,カフェオレも量たっぷりでぜいたくね(^o^)」

「え?」
すごく贅沢な気分♪
電車が来たよ 「さあ,これでお出かけ観光は終了〜」
「他にも見どころいっぱいあったのに,回れなかったね」
「まぁ,次へのお楽しみということで」
「さあ,ブリュッセルに帰って,帰り支度しないとね」
「くすん,もう終わりなのね。」
ええーん,さよなら,アントワープ
黄色の鉄骨で支えています。見えるかな? ガタンゴトン...
「あ!」
「どうしたの?」
「家と家の間につっかえ棒がしてある!」
「家同士がくっついてるから,ああやってつっかえ棒をして
建て替えするんだね」
「日本ではありえないよね」
「さあ,ラスト・ブリュッセル・ナイトよ!」
「今日は飲むわよ!」
「今日も,でしょ...(^_^;)」

「グランプラスも,ライトアップされて一段と綺麗だね。」
夜のグランプラス
今日は天気もいいので人もいっぱい! 「ホント,これまた世界遺産と,夜景と,ビール!
うふ♪最高!(^o^)」

「世界遺産,夜景,ビール,どれが最高なのかしらね(^_^;)」
「それは決まってるじゃない♪
おじさん,ビール,もう一杯!」
忙しそうね
旅行とは・・・食べること! 「ひよちゃん,食べ過ぎじゃない?」
「え?そんなことないわよ。
アイス,カクテル,ビール,アイス,カクテル,ビール...
うーん,もう最高!(^o^)」
「だいぶ日が暮れてきたわね」
「あ,見て!塔の横にお月様!」
綺麗な三日月だったのですが,見えないですね(^_^;)
月とこの建物が幻想的
広場にはまだたくさんの人! 最後の夜にこんな素敵な夜景が見られて良かったわね〜(^o^)
「さあ,ホントに帰るよ。」
「ホテル前の寺院も,ライトアップされて綺麗だね」

「明日は,いよいよ帰るのか〜」
「そうね,お土産のチョコを買ってからね♪」

(というわけで,もう1回,続く...)
こちらもライトアップされてます♪
ベルギー・オランダ チューリップの旅 7へ ベルギー・オランダ チューリップの旅 9へ