2006.4.7-8
京都お花見旅行
〜Part 1〜

今年のお花見は京都にしてみました。いつも花見に旅行に行くと雨が降ったり,既に散っていたりということが多かったのですが,今回の初日はものすごーく良いお天気(^o^)それなのに,ちょっと出遅れちゃったのでもったいないことしちゃったな〜。
そして,2日目はなんと黄砂!しかも半端じゃない黄砂であたり中真っ白だし,口の中はじゃりじゃり。やっぱり快晴の最高のお天気に恵まれる旅行は我が家ではありえないようで(^_^;)それでも,この時期の京都で桜のタイミングもばっちりなのに,色んな場所を回ることが出来ました。普通は渋滞だらけで目的の場所に行けそうにないものね。それだけでもラッキーだったな〜と思います。
それでは,写真いっぱいのレポ,どうぞご覧ください♪

庭園だよ 「今年は,花見に京都へやってきたよ。」
「ちょうど満開できれいだねー」
「じゃ,今回は,たくさんの場所で見るぞー!

というわけで,さっそく二条城へ到着〜」
「しだれ桜は,まだ少し早いね。」
「でも,すごい枝ね〜綺麗〜(*^_^*)」
雫みたいだね〜
青空に生えて綺麗(*^_^*) 「あ,こっちは満開だよ(^o^)」
「今日は天気もよくてきれいね」
「そうそう,天気も...あれ?ひよちゃんとちゃんばは?」
「ふふふ,やっぱり京都と言えば,お茶会よね〜」
「ひよちゃん,ひとのお茶菓子に手を出しちゃだめだよ」
花より団子・・・
雑食? 「えーん,いいじゃなーい。そんなこと言ったら,桜食べちゃうわよ」
「ようやく嵐山の渡月橋に到着〜。
夕方になっちゃったね」
「うわ〜すっごいひとだね〜」
(橋の上にいっぱい人が行き来しています)
渡月橋とね♪
大きい〜 「おっきなしだれ桜発見!」
「そして,その周りで宴会の準備をしている人発見!」
「ん?屋台があるということは!」
「のてちん,どれを食べる? たこ焼きに,トウモロコシに,イカ焼きに,焼き鳥に...」
「ひよちゃん,晩ご飯入らなくなるよ」
「んー,それじゃ,鮎の塩焼きだけでガマンしておこうかしら」
(結局食べてるし...)
鮎よ〜
お花に囲まれて〜 「夕方は,人も少なくてゆっくり散歩できるね」
「ほらほら,さくら満開〜(^o^)」
(のてちん,花粉まみれに...)
「それじゃ,ボクも・・・
よいしょ,よいしょ...
あれ,ちゅりちゅりが変なところにいるよ?」
葉が出てきたよ〜
憧れの舞妓♪ 「京の舞,レンタル舞妓...ねぇねぇ,あれやってみたい!」
「ちゅりちゅり,2頭身の着物はないと思うよ...」
「今なんか言った?(-_-メ)」
「じゃ,帰りにおでん屋さんでおでんを買って...」
「あ!おでん屋さんが離れていく!」
「え?あれって,建ってたんじゃなくて船だったの?」
「待てー,私のご飯ー!」
おでんやさんが〜
一休み 「くすんくすん,おでん食べ損ねた」
「いいじゃない,晩ご飯美味しかったんだから」
(結構ご馳走だったのですが写真撮り損ねちゃいました(^_^;))
「今日は風が強いね」
「土曜日だから,混み合う前に移動しないと!
まずは,天竜寺に到着〜」

(2005年秋の紅葉旅行に,
同じアングルの写真があります。
春と秋で見比べると面白いです♪)
天竜寺だよん
つつじ・・・です,きっと 「わぁ,きれいな花。なんて言うの?」
「ん?...つつじ・・・かな?(^_^;)」
(お花の名前知ってる方,教えてくださ〜い(^_^;)) つつじ・・・だよね
絵になるね〜 「人のおうちでも,おっきなしだれ桜があるね」
「それはやっぱり京都だから?」
「今日のメインイベント,トロッコ列車に到着よ〜」
「天気のいい,いまのうちに移動して,
帰りは船で保津川下りだよ」
トロッコロッコ〜♪
カラフルだね 「きたきた〜
わあ,満員だね」

「外人さんがいっぱいで,海外旅行気分だわ」
(台湾の団体さんツアーと一緒でした)
「見てみて〜,保津川沿いに桜が見えるわ!」 おお〜サクラが近い!
次のページへ→