2006.4.7-8
京都お花見旅行
〜Part 2〜

水かさが増していて危険? 「あ,保津川下りの船だ!おーい(^o^)」
「ん?雨が降り出したよ。うわぁ,あの船屋根がないよ!」
「うーん,本降りだね〜」
(やっぱりまりもが...ヒソヒソ)
「何か言った?(-_-メ)」
がたんごとん...
「駅にタヌキ...」
何故にタヌキ?
駅にいっぱい並んでるの 「なんで(?_?)タヌキなの?
しかも,こんなにいっぱい!」
「山にも桜が咲いてるんだね〜」
「さ,今日は保津川下りはあきらめて,
トロッコ列車で帰るよ」
「えーん,残念」
山のサクラがまた綺麗♪
サクラの髪飾りなの♪ 「気を取り直して,嵐山の散策よ〜♪
どうどう?きれい?(^o^)」

「あれ?いつの間にか雨が上がってるよ」
(やっぱりまりもが...ヒソヒソ)
「ちみたち,なーにを言ってるのかな?」
「お昼ご飯は,高台寺の前の湯葉屋さんだよ。」
「もう定番だね♪」
「それじゃ,湯葉づくし,いただきまーす」
湯葉ははずせないわっ!
見事な枝垂れ桜 「お次は高台寺へ〜。」
「ここは,しだれ桜が満開だね」
「わ!結婚式してるわよ。
結婚式で木魚って不思議な感じね〜」
「ここも満開♪
少し濃いめのピンクで綺麗だね〜
てもちゃんに似合いそうだな〜」
少し濃いめのお花
舞妓さん? 「あ,舞妓さんよ!」
「あれは,ニセ舞妓さんよ」
「舞妓さんが口説かれてる?」
「そうじゃなくて,人力車に誘われてるの
やっぱりニセだから?」
「さあさあ,どんどん行くわよ!
次は毘沙門堂〜」

「ここもしだれ桜ね。でも,7分咲きなのに,
周りのカメラのすごい数!」
これまた大きな枝垂れ桜
いい構図だよね 「お寺とサクラ,絵になるねぇ」
「のてちん,おやじ?(^_^;)」
今回最後のお寺,平等院鳳凰堂に到着〜。
「最後は宇治まで来たんだね」
「あ,これって10円玉のお寺だ」
「どうせなら,1万円のお寺に行きたいわ」
「一万円はお寺じゃないよ...(^_^;)」
黄砂に霞んだ10円玉(^_^;)
満開でし♪ 綺麗でしょ♪
ちょっと不思議な写真でしょ 「あ,怪しいヤツ!」
「ふふふ,私が誰だと?」
「それは,鳳凰堂の守り神,ホウオウマン!」
(ちなみに,後ろに見えるのは,黄砂で煙った太陽)
「勝手にセリフ付けないの」
「でも,国宝の鳳凰は,宝物館に居たわよね?」
「じゃ,これはニセモノ?」
「し,しつれいな!」
「ん?だれ?」
に,にせもの!?
だんだん黄砂が酷くなってきた 「今回は,黄砂がひどくて,真っ白だったね」
「なんか,体中,砂まみれ〜」
「でも,そんなことは気にせず,
旅の最後は,御茶屋へ行くのよ!」

「まずは抹茶ぜんざいね!」
宇治と言えば・・・お茶!
くんくん,良い香り〜♪ 「そして,茶そば〜
うーん,お茶の香りたっぷりでうまうま♪」
「締めは,ずずずーーーっと,お抹茶を」
「あ!のてちん,口がみどりいろ!(・。・)」
「えー!ごしごしごしごし」

というわけで,
京都旅行らしく抹茶で旅の締めくくりでした♪
しめはやっぱり抹茶だね♪
←前のページへ