2007.4.30-5.3
福島・山形旅行
-Part 2-

満開の八重桜とお城〜 「ここは,会津若松のお城,鶴ヶ城だよ」
「ここも,桜は終わってるね」
残念ながら,ソメイヨシノはほとんど散ってしまっていました。
でも,八重桜は満開です♪
「見て見て,お友達〜♪」
ぐわんぐわん
「会津の民芸品,赤べこさんね」
「で,でもちょっと大きくない?
首なんか振ったらのてちんが・・・」

「あーれー」

「あ,飛んでいった...」
赤べこさんに乗って〜
野口英世像 「忍耐,って誰?」
「野口英世の像だね。会津出身なんだよね」

「でも,後ろにアイフルの看板があるから,
借金に耐えてるみたい・・・」

(な,なんてことを...)
「酒造やさんだね。会津若松は酒蔵も多いんだね。」
「あそこに,まりもがぶら下がってるよ」
「あれはまりもじゃなくて,杉玉って言うんだよ」
酒屋さんの杉玉〜大きい!
美味しそうね〜♪ 「酒蔵を見学して,お酒を買って」
「あ,カフェがあるわよ」
「酒ゼリーに,大吟醸のシフォンケーキ(^o^)」
「んまい!\(^o^)/」
「猪苗代湖に到着。おっきい湖ね。水平線が見えるわ」

猪苗代地ビール館に到着〜
「地ビールが4種類も!ソーセージも!
食べましょうよ〜」

「これからお昼でしょ。我慢しなさい」
地ビール美味しそうだよ〜♪
やったー!お蕎麦! 「えーん,地ビール飲み損ねたわ。くすんくすん,ずるずる」
「ひよちゃん,泣くか食べるか,どっちかにしたら?」
「んまい!(^o^)」
「た,立ち直り,はや!」
「会津は,これも名物なんだよね。馬・さ・し」
「わふ?うーちゃん?」
「シェルちゃん,家に帰っても,
うーちゃんにかぶりついちゃだめだよ」
うーちゃんには内緒の馬・刺・し
絶景が・・・見られるはずだったんだけどね(^_^;) それじゃ,磐梯山へ行くよ。
「はぁ〜♪会津磐梯山は♪雲の中よ〜(T.T)」

「ま,全く見えない...」

「雨がひどいので,トレッキングは中止ね。
ペンションに到着〜」

「昨日は30度近かったのに,ここは10度ぐらいだね」

「雨の裏磐梯だと,なーんもすることがないね」
「じゃ,みんなで晩ご飯待ちということで」
「らんらん♪らんらん♪」

「みんな,やるき満々ね」
何も無いので,お部屋で撮影会(^_^;)
立派なステーキ! 「ようやくディナーだね!」
「米沢牛のステーキだ!大きいね〜
うん,美味しい!(^o^)」

「でも,神戸から米沢に牛肉食べに行く,ってどう?」

「それぞれ,お国柄が出るのよ」

(そ,それはないだろう...(^_^;))
「赤ワインもたくさん飲んで」
「ごきげん,ごきげん(^o^)」

「ふー,食べて,飲んで,おやすみなさーい」

「明日は晴れるといいなぁ,むにゃ(-_-)゚zzz・・・」
ワインも2本も空けちゃった♪
どこの看板? 「あ,やっぱり雨ね...」

「いいわ,こうなったら,喜多方・米沢で食べ歩きよ!」
「そうそう,そこに喜多方ラーメンが!」
「じゃ,いっただっきまーす,って,看板じゃない!
しかも,ツルが絡まってるし!」
「これがホンモノの喜多方ラーメンだよ!」
「たくさんお店があって,どこに入るか迷うわよね」
「うーん,醤油ラーメンがんまい!」
「ひよちゃん,スープで泳ぎかねないわね...(^_^;)」
蔵の里の入り口 喜多方蔵の里に到着だよ。

「喜多方ってラーメンしか知らなかったけど,
蔵の街で売り出し中なんですって」

(売り出し,って...)
「わぁ,昔のおうちがいっぱい!」
中には脱穀機や竈に機織り機までありました。
蔵が並んでるの〜 「ごめんくださ〜い。
のてちんと申します〜」

蔵の中から撮ると趣あるでしょ♪
喜多方市から,米沢へ移動。
上杉家を奉る上杉神社では,上杉祭りの開催中でした。


上杉祭りのイベントが夜にあって,
これはそのリハーサル風景です。
鎧兜を着た人をこんなに近くで見られるなんて!
「近くの博物館で,直江兼続展やってるわよ」
「2009年の大河ドラマに出るんだって」
「何?あの愛って文字」
「直江兼続の兜にはあの文字があったんだって」
「へぇー,かっこいい!」
「じゃ,私たちも!」

「・・・ちょっと,この『食』ってどういう意味よ!」
「うふふ,そのままの意味じゃない?」
「いやー!」
福島・山形の旅2007-1へ 福島・山形の旅2007-3へ