どうも地元のバラの季節には仕事が重なり,なかなかゆっくりバラ公園に見に行くことができない年が続いています。そういえば,この地元のバラの時期が終わった頃が岐阜は見頃なのでは・・・と急に思い立ち,行ってみることにしました。突然思い立ったもので,当然日帰りです。最近はバラ園もHPがあって,見頃の時期もわかるので助かります(^o^)調べたところ,ドンぴしゃの満開時期のよう。しかも,天気も良さそう!これは,行くっきゃなーい,鼻息も荒く行ってきました。
名古屋からレンタカーで行ったのですが,なんと,駐車場が満車!甘く見ていました(>_<)しかし,臨時駐車場からちゃんとバスでピストン輸送してくれると言うことなので,安心して,臨時駐車場へ。これまた,すごいバス待ち行列だったのですがね。(^_^;)
駐車場に着いたらもう,そこから一面のバラ!もう,入り口前から幸せです〜。ただし,入り口前にもひとだかり(^_^;)ただ,中に入ったら敷地が広いためかそんなに人だらけ!と言う印象はなかったです。
暑いので2時間くらいかなぁなんて思っていたのですが,ほとんどのバラが見頃で,ウハウハと写真を撮っていたら結局5時間くらい過ごしていました(^_^;)この時期の花フェスタは最高です♪またこの時期に来たいなぁ♪
日帰りながらも,しっかりと名古屋のごはんもチェックしていき,美味しくいただきました。こんな旅行もたまにはいいかも。(*^_^*)

蛸つぼにいっぱいの蛸飯〜 がたん,ごとん,がたん,ごとん...
「今日は久々に電車でお出かけだね」
「しかも,男の子だけで冒険の旅だよ!」
「じゃあ,まずは,大ダコ退治だ〜」
「明石名物(?) ひっぱり蛸飯だね(^o^)」
「ねぇ,ちゃんばったら,また私を置いて出かけたのよ」
「じゃあ,後をつけてみたら?」

「よし,じゃあ,私も冒険してみようかしら」

「そうよ,後を追って,現場を押さえるのよ!」

「なんの現場?(^_^;)」
でもその前に腹ごしらえね!
すでにチケット売り場には人だかり! 「岐阜の花フェスタ公園に到着〜」
「前は,秋に来たことがあるんだよね」
「シェルちゃんは,初めてだね」
「わふ!(^o^)」
「バラのアーチがすごい満開だよ!」
「アーチと言うより,バラストリートだよね」
これはまだ駐車場です
後ろの塊は全てバラ! 「到着したから,はいポーズ!」
「わおーん」

「どして,ポーズと一緒に遠吠え?」
「後ろは一面のバラだね〜」
「ふー,どこに来るのかと思えば,バラ園だったのね」
「ふ,ふ,ふ,乙女に隠してバラ園に行こうだなんて」
「あ,見失ったわ,追いかけるのよ!」
「ここ,広いのよ〜」
あっちにもこっちにもバラ!
ほ〜ら,ほとんど満開! 暑かったので,ちょっと開ききってる感も・・・
「ふー,走ったらお腹空いたわ。
ひとやすみ,ひとやすみ,もぐもぐもぐ」

「ひよちゃん,また食べてるのね」
「だって,岐阜に来たら,飛騨牛は外せないわよ〜」
花より牛肉?
花に囲まれて〜♪ 「じゃ,私も今のうちに。はい,チーズ」

「わおーん」
「ん?今のは...?」
「わおーん」
「シェルちゃん,どして,遠吠えなの?
まぁいっか。広いバラ園でごきげんみたいだし」
くんくんくん,いい香りする?
アイスバーグのスタンダードがずらり! 「こっちにはながーーーい
スタンダード仕立ての水路があるよ。
満開で綺麗〜」
「あら?今のちゃんばじゃない?」
「どこどこ?」
白バラのコーナー
アーチも一杯! 「あ,のてちんが見えた?」
「アーチが多くてよく見えないわね」
「ふー,疲れたわ・・・」
「それじゃ,お昼にしましょ(^o^)」
「バラのジュースね。美味しい〜
それにしても現場を押さえる,
って大変なのね...」
バラのジュース,冷たくて美味しい!
パスタにもバラの花びらが(^o^) 「バラに囲まれたオープンカフェでパスタランチよ〜♪
うーん,しあわせ〜(^o^)」
ずらっと並んだヘックンザウバー(FL) ノイバラの花も蕾もいっぱい♪
「後ろに見えるのは,でっかーいサークルガーデン。
今年は完成して,綺麗に咲いているね♪」

「前に来たときは工事中だったもんね」
ぐるっとバラ一面!
食べたいの〜,バラアイス〜 「あ,バラのアイスクリームがあるわよ!」
「こ,これも外せないわよね」
「ひよちゃん,食べ過ぎじゃない?(^_^;)お腹壊すわよ。」
「ばらをバックに,はい,ポーズ」
「わおーん」
「シェルちゃん,それはいいから...」
ここも満開だね〜
色が褪せてきても魅力的♪ でも,たまにこんな不思議ちゃんも(^_^;)
女の子チームで記念撮影♪ 「ふー,やっぱり見つからないわね」
「そうねー。あ,きれいなバラね。
じゃここで,写真でも撮る?」

「はい,ポーズ」

「わおーん」

「ん?シェルちゃんの声じゃない!」
「どこ?どこ?
あの上に登ったら見えるかしら?」

「てもちゃん,それはちょっと危ないんじゃ(^_^;)」
「でも,確かにこのままじゃわかんないわよね。
見渡す限りバラだらけだもの」
でっかいオベリスク!
見渡す限りバラが続くの〜 とっても綺麗な黄色のゴールデンボーダー(*^_^*)
そして,やっぱりひよちゃんが見つけたのは・・・ 「ねぇねぇ,あれ何かしら?」
「人がすっごくならんでるわね」
「まあ,『ここにしかない』スイーツですって。」
「こ,これは食べないと!」

(いえ,『中部ではここにしかない』らしいんですけど)
「わぁ綺麗〜」
「ふわふわ,サクサク♪
今まで食べたことないわね」

「おいしー,これは大当たりよ(^o^)」
確かにふわんふわんで美味しい♪
そんなこんなで大満足なバラ園でした 「はあ,結局,3人を見失ったままね」
「ひよちゃん,食べてばっかりだったじゃない」
「ま,まぁまぁ,名古屋に戻って,おいしい晩ご飯食べましょ。
ちゃんと,目星はつけてあるわよ(☆。☆)キラーン」

「ぬ,抜かりないわね」
「じゃ,ウォンタイフォンの小龍包へ突撃〜」
「あ,今日は空いてるね(^o^)」
「前はすっごく列んでいて入れなかったもんね」
「それじゃ,いっただき!」

「ちゃんば!」
「え?」
美味しい小龍包にかぶりつき!
てもちゃんと仲良く食べてね♪ 「ちゃんば,み〜つ〜け〜た〜わよ〜」
「て,てもちゃん...来てたの?」
「やっと,現場を押さえたわよ!」
「げ,現場って,小龍包を食べてる現場?」
「いっつも置いていって,こんな美味しいもの食べてたのね!」
「い,いやこれはてもちゃんのお土産に・・・
あーれー」


こうして,冒険(食欲?)の旅は終わったのでした。(マル)