2007.9.21-23
旭川〜知床旅行
-Part 2-

ロープウェイは朝からたくさん乗ってるよ 「今日は,天気がよさそうね♪」
「じゃ,混み始める前に,大雪山で紅葉見物だ〜」
「ロープウェイで黒岳五合目までひとっとび!」
ひゅーーー,ごーーー
「わー,風でロープウェイが揺れる〜」
「と,止まったりしないわよね?」
(風が強くて終点の壁に激突しました(^_^;)
そうやって揺れを止めるみたいです)
風が強いので遠くまで見える絶景!
山のお花は綺麗(*^_^*) 「こんなところにお花が咲いてるわよ」
「わぁ,綺麗だねぇ。白いお花もあるね」
おそらくリンドウかと・・・
黒岳に到着〜
「寒いね〜,風も強くて凍えそうだよ〜」
(リフトで上がった七合目は11度!)
紅葉してます!
これが本で見た景色ね! 「あ!,見て見て!紅葉よ!」
「日本で一番早い紅葉だよね♪
見られてよかった〜(^o^)」
「いろんな色があって,綺麗ね!」
「あそこまで登ってみる?」
「いやー,寒いから下りる!」
感動の景色です♪
ダッシュボードにクマコーナー? 「ふ〜,寒かったわねぇ」
「さあ,今日は,車で250km移動だよ!」
「じゃあ,僕たちはここで応援だ〜!」
「ぎ,ぎっしりだね...」
三国峠に到着。
「ながーーーい橋があるよ」
「高いところが怖いと,車でも通れないかもね」
「本当だよね。これ,どうやって作ったんだろ」
橋?渡れるの?
山はあちこち紅葉が始まっています 「山はあちこちで色が変わってきてるね」
「合間に見えるのは雪?
冬を先取りね♪」
「あ,ヒグマの子供だ」
「こ,こんにちは...」
「うがー!」
「ちょっと怖い...」
おみやげ屋さんには鹿やヒグマの剥製がいっぱい!
夜は怖いかも・・・
お,怒ってる?
広大なトウモロコシ畑 「あれは,トウモロコシ畑ね」
「い,一本だけ...」
「あとで食べるから待ちなさいって」
「や〜早く食べた〜い」
「ひまわりが咲いてるよ!」
「なんだか北海道にいると,
季節感がわかんなくなるね」

「夏も秋もいっしょに味わえていいじゃない♪」
「ご飯の話なの?(^_^;)」
満開のひまわり畑!
ひまわりにはちゃんば! 「じゃ,ひまわり畑で,はい,チーズ!」
「やっぱりちゃんばにはヒマワリが似合うね」
「あ!でも麦わら帽子持ってこなかった!」
「まさか,こんなにヒマワリがまだあると思わなかったもんね」
「こっちはタマネギ畑だよ」
「こんなおっきなタマネギ畑,見たことないわ〜」
収穫間際のタマネギ畑
私は球根じゃないわよ! 「やっぱり北海道はでっかいどう〜。
じゃ,私もタマネギ畑で,はい,ポーズ!
・・・ちょっと!どうして埋めるのよ!」

「球根つながりで...ぷぷぷ」
「お花畑だ,わおーん」
「後ろは菜の花かな?
本当に広くて気持ちいいね〜」
菜の花・・・だと思うけど秋に咲くの?
すごーく美味しいトウモロコシ!本州では味わえない! 「さあ,お待ちかねの昼食タイムだよ!」
「朝採りのトウモロコシが,おっきくて甘いの〜」
「牛乳も濃厚で美味しい!
「まりもの大好物のじゃがバタもたっぷりだよ!」
「おみやげ屋さんのものでも美味しいわね♪」
「うーん,北海道最高!」
名物じゃがバタ〜北海道のジャガイモは甘みが違う!
峠の上は寒い! 「それじゃ,摩周湖へ〜綺麗に見えるかな?」
「摩周湖の前に美幌峠に到着〜
さ,寒いね!」
「あれ?なんか湯気が上がって人がいるわよ」
「なんだろ?温泉かな?」
遠くからでも湯気が見えてます
かなり硫黄の臭いが激しいの 「う,くしゃい...」
「硫黄山だって。硫黄が出てるんだね」
「地面が黄色くなってるよ。」

「は,早く行きましょうよ。臭いが付いちゃうわ」
「摩周湖に到着〜」
「霧が出てなくてよく見えるよ〜(^o^)」
湖面もよく見えています
摩周湖全体〜 (あとで寿司屋のおじさんに聞いたけど,
気温が低くて風があったから,よく見えたらしい)
「さあ,たくさん見て食べたから,今日のお宿の
知床斜里に行きましょうか」
「ふふふ,まだ食べ足りないわよ。」
「そうだよね,せっかく海辺に泊まるんだから,
お寿司屋さんにゴー!」

むしゃむしゃむしゃ
「うふふふ,,やっと北海道に来た気になったわ(^o^)」
やっぱり海の幸を食べなくちゃ!
ラジオで連呼されていたの 「そして,夜食は,あの伝説の焼きそば弁当!」
「そ,そんなに有名なの?」
「北海道ではカップ焼きそばの半分がこれなんだって」
「じゃ,いっただっきまーす。じゅるる」
「どう?」
「うーん,普通のカップ焼きそば...」
(そりゃそうだ...)
旭川〜知床旅行2007-1へ 旭川〜知床旅行2007-3へ