2008.03.
佐賀の焼き物とハウステンボス旅行
-Part 1-

久々に,ハウステンボスのチューリップ祭りに行ってきました。そして,今まで福岡〜長崎の間で通過していた佐賀県に初上陸。何もないと有名な(?)佐賀県ですが,行ってみると,呼子のイカの活け作りとか,有田焼,伊万里焼,唐津焼といった陶器とか,楽しいものがいっぱい!これで,九州は全県制覇したかしら?

佐賀県に初上陸〜 「今日は,佐賀県にやってきたよ」
「佐賀,って見るのは初めてよね?」
「いつも,福岡から長崎に通過してたからね(^_^;)」

「佐賀は,焼きものがいっぱいなんですって。
まりもが,お皿を買うって張り切ってたわよ」

というわけで,まずは唐津に到着〜
「でも,もうお昼だから,まずはご飯ご飯」
「海に近いから,お魚がおいしいんですって(^o^)」
「じゃあ,ぼくたちは海鮮丼だ〜」」
新鮮なお魚いっぱい♪
イカが生きてる! 「そして名物は!イカの活け作り〜」
「とってもおいしー(^o^)」
「すごい!まだ動いてる」

「す,墨は吐かないわよね...」

近くの呼子で捕れるイカの活け作りが名物。
まだ本体は生きてるんです。
「さあ,おいしいもの食べた後は,唐津焼の探検だ〜」
「唐津焼は,土の焼きものなのね」
お店は唐津焼でいっぱい(^o^)
ビールを飲むなら! 「買ってみたビールカップ」
「うちにビールジョッキあったよね?」
「いいのよ,これは,ちょっと飲み用」
「それと,小皿が5枚。」
「他にも,茶道の茶碗と,明かりのつくインテリアと...」

(ああ,1日目からお家に発送してるし。
明日に伊万里にも行くんだよ...)
もう荷物がいっぱいよ
お庭の前で,はい,ポーズ 「1日目のお宿に到着〜」
「目の前がおっきな公園だね」
「御船山楽園っていうんだって。」
「そう,ここには,ツツジがぶわーっと...?」

「まだ3月だから,早すぎるね(^_^;)」
「やっぱり,佐賀に来たら,佐賀牛ね(^o^)」
「なにこれ?」

「豆乳しゃぶしゃぶだって。」
「湯葉も食べられるし,
しゃぶしゃぶもあまくてウマウマ(^o^)
しゃぶしゃぶしゃぶ
大きなツボが! 2日目。まずは伊万里に到着〜
大川内山っていう,窯の集まった街だよ。

「見て見て,橋が陶器だらけ。」
「おっきなツボもあるね」
「持って行ってもいいの?」

「シロちゃん,体の20倍ほどあるよ(^_^;)」
同じく,橋にある青磁の龍。

「どこ見てるのかな?」
「口からビーム出すのかな?」
(出ない,出ない...)
わおーん
トイレにまで! 「すごーい。トイレにも陶板があるわよ」
「どこに行っても陶器だらけだね
「ここは,窯が集まっているから,お散歩しやすいね」」
「おかまのお散歩?」
「シロちゃん,『お』は付けなくていいから...」
「なんか風情があっていいわね」
窯巡りのできる街だね
おいしいお茶を 「カフェがあるわよ。ここで,お茶していきましょうよ。」
「ここの器もきれいだね」
「お茶を入れるのに,湯冷ましとか,いろんなものが
あるのね」
「そうね,きれいな器ね〜」
「ひよちゃん,器見てないじゃない。」
そろーり,そろーり
「狙いはこれかな?」


「あーん,わたしのワッフル〜」
ワッフル命!
常用のカップゲット! ということで,伊万里焼のカップをゲット!。
「いつものカップ用だね」

そして,きれいな皿と小皿のセット〜
「お刺身としょうゆ用?」
青磁はまりもの好み
この青みが渋い! そして,まりもお気に入りの,青磁の茶碗ゲット〜
「青磁は,灯りに透かすときれいなんだって」
「窯の人がうっとりと語ってたわね」
「青に魅せられた窯人?」

そして,2日目にして,2回目の自宅発送...
「さぁ,陶器巡りは終わって,お昼にしましょ」
「なにこれ?」
「伊万里牛よ〜♪」
「九州って,牛だらけ?」
「たしかにブランドは多いわね」
佐賀牛・伊万里牛・平戸牛?
西の先っちょに到着〜 さらに北に上って,平戸にやってきたよ。
「思ってたよりも遠いんだね」
「西の端っこ,って感じね」
「さあ,平戸大橋を渡って,平戸上陸だ〜」
「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂に到着〜」
「おっきな教会だね」
「やっぱり長崎県に入ると,異国情緒たっぷりね」
中は見れなかったの
私に何かご用? 「あ,ザビエルさんの像があるよ」
「ちょっと後頭部を見てみようか?」
「なんてコトするの〜やめなさーい」
そんな佐世保から,50km南下して,
夜のハウステンボスに到着。

「今日は遅くなったから,部屋で食べちゃおうか。
ほら,長崎名物のチャンポンだよ」
「えー,カップ麺じゃない!」
「まりも,手抜き〜」
「ぶーぶー」
ぶー,どんどん!
かんぱーい(^o^) 「我慢しなさい」(と見せかけておいてバーへ...)

「うふ,まりも,甘いわよ」
「み,みんないつの間に...」
山形紅葉旅行2007-2へ