2008.05
鹿児島・鹿屋 バラ巡りの旅
-Part 1-

2005年に訪れた鹿屋バラ園は,まだ時期が早かった上に,雨まで降って桜島も見えずじまい。
今回はそのリベンジに燃えて,再訪問となったのでした。今回は,天気も上々で,バラも満開!(^o^) 鹿児島は,大河ドラマ篤姫で盛り上がっていました。おいしい焼酎に食べ物,桜島も見て,今回は大成功〜(^o^)

鹿児島空港で篤姫とご対面〜 「やってきたわよ,鹿児島空港〜」
「そして篤姫がお出迎え」
「な,なんか簡単な篤姫ね」
「しかも,篤姫がアツアツって,ダジャレ...」

「まずは,鹿児島市に移動して晩ご飯を食べるよ!」
「おー!」
「じゃあ,鹿児島名物キビナゴの刺身 他の
盛り合わせよ」

「ほ,他の方が多いんじゃない?」
「うさぎはね,細かいことは気にしないの」
「ひよちゃんは,でしょ」
キビナゴは焼酎に合うの♪
地鶏のたたきがおいしー(^o^) 「そして,地鶏のたたきだね」
「うんうん,おいしーね」
「薩摩揚げはないの?」
「それは,明日よ。黒豚しゃぶしゃぶも,
黒豚トンカツも明日に...」

「黒豚だらけだね...」
「そうそう,今日は,黒豚の角煮よ〜」
「うわぁ,軟骨までトロトロ〜」
黒豚黒豚〜
まだ動いてるの〜 「これはなに?」
「ああ,これは...」
ピチピチピチ〜
「うひゃぁ,うごいてる〜」
「それは,車エビの活け作りだからね」
「なんか,ピクピクしてて怖いよ〜」
食べた後,尻尾だけでもまだぴくぴくしてました(^_^;)
「ふふふ,そして,幻の焼酎ゲットよ〜」
「なにこれ?」
「魔王よ,魔王」
コクコクコク
「ぷはぁ〜,おいしー」
「ちゅりちゅり,オヤジ化?」
「初日からおいしいお店でよかったね」
魔王はホントにおいしかった!
明日はきっと晴れよね 「さぁ,明日はいよいよ鹿屋バラ園よ。
みんな,寝坊しないようにね!」

「そこはちゅりちゅりが仕切るのね」
「それはもう,花の精だから(^o^)」
「あ,明日,雨じゃないよね..」
「そんな不吉なことは言わないの!」
次の日...
「さあ,フェリーで出発よ!」
「鹿児島を離れて,東の垂水港へ移動だー」
フェリーに乗って出発だ〜
やっと桜島が見れた! 「あ!桜島が見えるわよ!」
「やったー,前回は,霧でまったく見えなかったもんね」
「でも,ちょっと霞んでるわね」
「今もちょっとずつ噴火してるからね」
「ふふふ,ついに鹿屋バラ園に到着よ」
「9時ぴったり。でも眠いよ〜」
「何言ってるの!バラは朝が勝負よ。
あと2時間もしたら,花が開いちゃうじゃない」
鹿屋バラ園に到着〜
一面のバラよ〜 「天気も晴れ!バラも満開!ベストシーズンよ(^o^)」
「ホント天気がよくてよかったね」
「ばらのきれいな写真は,Tyuri's Gardenを見てね(^o^)」
「ちゅりちゅり宣伝?」
「ちゅりちゅりー,こっちも咲いてるわよ〜」
「前に来たときよりも,すごく広くなってるね」
広さは以前の3倍です
なにこれ? 「なにこれ?鬼さんの角?」
「いっぱい咲いてるね」
ひよちゃん,お供連れ? うさうさコンビ参上!
「クンクンクン,いいにおい〜(^o^)」 しろたん,バラに埋まる
黒豚カレーは名物なの? 「はー,たっぷり見たからお腹が空いたわね」
「やっぱりお昼は黒豚?」
「これ,黒豚海軍カレーって言うんだって」
「あ,ご飯がお船の形してる〜」
「わ,わかりにくいわよ...」
「ふー,楽しかったわね
「じゃ,バラソフトで締めくくりね」
「しょうがないわねぇ。晩ご飯が入らなくなるわよ」
バラソフトで締めくくり