2008.05
鹿児島・鹿屋 バラ巡りの旅
-Part 2-

足湯が気持ちイイー 道の駅たるみずに到着〜

「ねぇねぇ,あれは何かしら?」
「あれは,足湯だね。日本一長い足湯だって」
「60メートル? 競泳のプールより長いわよ」
「いや,泳がなくていいから...」
「歩き疲れたから,入っていきましょ(^o^)」
そーっと...
「ちゅりちゅり達には,足湯じゃなくて
ふつうの温泉サイズだよ」

「のてちん,押しちゃやーよ」
押しちゃだめ?
錦江湾はハマチの養殖が盛ん。 「ねぇ,前の海にたくさん船がいるわね」
「あそこで漁をしてるのかな?」
「ここは,ハマチの養殖をしてるんだって」
「ええ!じゃ,あの船に全部ハマチが積まれてるの?
食べたーい(☆。☆)」
「ふふふ,そんなこともあろうかと,さっき道の駅の
売店で買ってきたのさ」

「のてちん偉い!」
モグモグ
「うーん,ぷりぷりでおいしー」
「朝まで泳いでいたカンパチなんて
なかなか食べられないよね(^o^)」
朝の獲れたて(^o^)
お宝ざくざく? 「ねぇねぇ,この自動販売機で,おタカラ売ってるよ」
「へ?」
「だって,財宝,財宝,って」
「ペットボトルに入ったお宝?」
「この近くに財宝温泉っていうのがあって,そこから出る
ミネラルウォーターらしいよ」

「あ,財宝コーヒーに,財宝紅茶もあるわよ」
「でも,財宝ひとつ80円,ってなんか変...」
「見て見て,お友達(^o^)」
「巨大びわね...」
「今,びわ祭りやってるんだって」
「へぇ〜名物なんだ。」
びわちゃん?
びわソフトはいかが? 「そして!篤姫がびわソフトを販売中〜」
「なんか,その手の先で,何でも売ってそうね」
桜島の展望台に到着〜
「夕方の方が,桜島の頂上がよく見えるね」
「風向きが変わるのかな?」

「これは,桜島大根かしら?じゃあ,持って帰って
千枚漬けに...」

「ひよちゃん,それは抜けないと思うよ...」
今回の旅は桜島がよく見えます
艦長!潜水艦発見! 「さぁ,桜島フェリーに乗って,鹿児島市に戻るよ〜」
「ねぇねぇ,あれって潜水艦?」
「ホントだ!こんな近くで初めて見た!」
「こんな港のそばにいることもあるんだね」
「なんかフェリーがぶつかりそうだよ」
鹿児島市に戻って,篤姫館を訪問〜。

「あ,あの篤姫キャラクターに仲間がいるよ」
「でも,みんななんか軽いわね...」
「ユルキャラが流行りだからね〜」
篤姫館は大賑わい
おつゆと塩を一緒にいただくのです 「さぁ,やっと晩ご飯よ〜」
「今日は黒豚のしゃぶしゃぶだね」

「ここのしゃぶしゃぶは,お塩をつけて食べるんだって」
「ローズマリーに,とうがらし,バジル,ガーリック,
タイム,桜島小みかん...」

「塩が6種類もあるよ」
「しゃぶしゃぶっと」
じーーー,はしっ!
「のてちん,食べ頃を逃さないわね」
「んーーー,うんまい!」

(今まで食べたことがない味で,とっても満足なのでした)
塩しゃぶしゃぶはおいしゅうございました
ふー,今日は大成功(^o^) 「みんな,今日は満足した?」
「はーい,バラ園も晴れててよかったね」
「そうそう,とってもよく晴れて...
わぁー,日焼けが〜」
「そりゃぁ,あれだけ晴れてればね...」
最終日〜鹿児島観光

「さぁ,今日は,鹿児島を観光だー」
「まずは,仙巌園ね
「ここでも篤姫のロケがあったらしいね」
篤姫ゆかりの地
ジャンボ? 「そして,そこで食べる名物は,ジャンボ餅!」
「え?全然ジャンボじゃないよ...」
「両棒餅って書いて,じゃんぼ餅って言うんだって。
ほら,お団子に,棒が二本付いてるでしょ」

「うーん,でもジャンボな方がいいわ...」
「じゃ,ジャンボな黒豚トンカツをお昼ご飯に!」
「ふほふほ〜あつあつ〜」
「おいしーわね。これで名物はだいたい食べたかしら?」
「そうだね,今回はたくさん食べたね」

(しかし,この後,まだまだ食べ続けることに...)
黒豚トンカツ!
白熊?シロクマ? 「そうだ,白熊を食べなきゃ!」
「シロクマ?のてちん?」
「そうじゃなくて,かき氷の白熊だよ」

「ほら,こんなにおっきいんだ〜」

(白熊を食べるシロクマ。これを撮りたいために,
トンカツ後のデザートに,白熊の元祖の店「むじゃき」に
行ったのでした)
がしがしがしがし
「うきゃ(^o^),かいつう〜」
「いや,シロちゃん,そうじゃなくて...」
トンネル開通(^o^)
壺で発酵する黒酢 そして,空港に行きがてら,黒酢の醸造元へ〜

「うわぁ,すごい壺の数」
「あれだけ全部が黒酢になるのね」
「あ,コンビニでも白熊発見!」
「まだ夏にもなってないのに,すごい数ね」
「鹿児島の人のデザートは白熊が常識?」
「で,でも,けっこう甘くて量が多いんだよね」
アイスの白熊もたっぷり
「通りがかりに,浜の市バーガーの旗を発見!」
「何のハンバーガーかしら?あれ,ここお魚屋さん?」

(マウスをかざしてね)
「あ!これは薩摩揚げだ〜」
「でも,意外とおいしいね」
「お肉よりもいいかも」
「さあ,空港に着いたし,お腹もいっぱいだし,
お茶でも飲んでゆっくりと待ってようか」
「そ,そうね...」
「あれ?薩摩揚げと角煮と鰹のたたき。
いつの間に注文を...」
「ほ,ほら食べ納めよ」
「もう十分お腹に納めたんじゃ...」
食べ納め?
飲み納め?(食べ過ぎ...) 「しょうがないなぁ,じゃ,ラウンジで後は待つだけ。
はっ,ちゅりちゅり,何してるの?」
「ほ,ほら,飲み納めよ...」

鹿児島の旅はリベンジ成功(^o^)
満開のバラと,満腹のお腹に囲まれて(?)
帰途についたのでした。
山形紅葉旅行2007-1へ