2008.08
積丹・函館 ウニ巡りの旅
-Part 2-

8月12日(2日目) ニセコ〜積丹〜函館
山の中は五里霧中 「2日目は,まずは森林浴だって」
「でも,なんかヘンな天気だね」
「遭難するかも?」
「ああ,まりもがずんずんと行っちゃうよ」
「この先にきっとウニがあるのよ!」
「ひよちゃん,ここは山の中よ」
「どうしても,ウニ中心なわけね...(^_^;)」
山の中でウニ漁?
れっつらごー 「あと少しだ,頑張るワン」
「ふー,やっと到着。えーと,神仙沼?」
「こんな高い山の中に沼があるのね」
「見つけた人はちゃんと帰ったのかな?」
やっと着いた〜
仙人さんはどこ? 「静かだしきれいで,ホントに仙人が出そうだね」
「仙人さん,ウニ持ってないかしら?」
「ないないない」
「は,ちゅりちゅり,それはさわっちゃダメだよ」
「え?さわらないでください?」
「ツタウルシはかぶれるんだって」
「花の妖精ならさわれるかも?」
「た,試さないわよ!」
さわっちゃダメダメ
そばの花発見! 「これは何の花?」
「蕎麦の花みたいだね」
「これがお蕎麦になるの?」
「じゃあ,これだとお蕎麦何杯分?」
「ひろーい。さすが北海道ね!」
一面のそば畑!
函館とは逆方向なの... 「やっと海に到着〜」
「え?函館に行くんじゃないの?」
「ここはどこ?」
「ふ・ふ・ふ,ここは積丹半島よ!」
「えー,逆戻りしてる〜」
「やっぱり積丹のウニを食べないとね(^o^)」
「それで朝からカーナビをさわってたんだね」
「ひよちゃん,恐ろしい執念ね」
「まぁ,こんなきれいな海が見られたからいいか」
「積丹ブルーって言うのね。すごくきれい(^o^)」
「そ,そうね」
(ひよちゃん,ウニ以外眼中にないのね(^_^;)...)
島武意海岸は渚百選
ウニセンサー発動中! 「えーと...あった!ウニの看板!」
「この辺は,ウニの店だらけね」
「さぁ行くわよ!」
「は,早い...」
「ついに,限定赤バフン生ウニ丼ゲットよ〜〜」
「うーん,おいしい!」
「北海道のウニは美味しいけど,また一段とすごいわね」
「感激よ〜(T.T)」

かなり遠回りになったんですが,
積丹のウニは美味しかった!
ここまで戻った甲斐がありました♪
今までにないトロトロ感
青い海! 「ああ,おいしかったわ。積丹の海よ,ありがとう(^o^)」
「積丹の海?ウニ?」
「どっちもよ」
「さあ,今度こそ函館に向かうよ」
「今日中に着くのかなぁ?」
え?何が青いの?
密漁者は許さないのだ 「あ!竜がいる!」
「街灯がみんな竜の形になってるね」
「神恵内村のシンボルですって」
「密漁者も竜が見張ってるらしいよ」
「竜さん大忙しだね」
「あ,北海道名物 干し草ロールだね」
「あれっておいしいのかしら?」
「ちゅりちゅり,食べてみる?」
「た,食べないわよ」
干し草ウマウマ?
一面のヒマワリ畑に... 「あ,カニがヒマワリ畑から脱走してるわよ!
「え?」

「土産物屋さんのカニが置いてあるね」
「なにもヒマワリの前に置かなくてもいいのにね(^_^;)」
「雨が降るのかな?」
「もう少し持ちそうだよ
「でも,カエルの大群が道に...」
「工事のフェンスだね。でもカエルの形は初めて見たね」
「北海道限定?」
「いや,カエルは名産品じゃないし...」
カエルさんが誘導中〜
函館は曇り空 「ああ,やっと函館に着いたよ」
「遠かったわね。でも夜景には間に合いそうよ」
「じゃあ,行ってみようか」

赤レンガ倉庫街から見た函館山です。
ガスのような雲がかかっていてちょっと心配。
でも,明日の予報は雨なので,夜景観光にトライ!
「まだ陽が落ちてないね」
「遠くは霞んでて見えないなぁ」
「あんまり人もいないし,ゆっくり待ってる?」
「わぁ,人がどんどん上がってきた〜」

みんな,日が暮れる時間を見計らっているので,
時間を追って山頂の展望台は混み混みに!
ロープウェーで一直線!
世界の夜景? 「日が暮れたね〜夜景ゲット!」
「きれいな街ね〜」
「今日の締めは,函館塩ラーメン!」
「待ってました!」
「ひよちゃん,今回はウニしか食べないんじゃないの?」
「そんなこと言ってないわよ!食べるもの拒まずよ」

(名言だ...)
塩ラーメン ゲット〜♪
レンガ倉庫の夜 倉庫街の夜は,雰囲気よく暮れていくのでした...

「明日はゆっくりと函館観光ね」
「まずは朝市からよ」
「ひよちゃん,まさかまたウニを狙ってるんじゃ...」
「ふ・ふ・ふ・ふ」