2009.2.14-15
能登・高岡旅行〜ブリ・カニを探して〜
-Part 2-

「氷見に到着だよ!」
「あ!氷見ぶりの旗が!
「さあ,もう1食,ぶりを食べるわよ!」

「ねぇねぇ,空にたくさん鳥がいるよ」
フィッシャーマンズワーフに怪しい影が!
トンビの大群が飛んでます! くぉーーーーー

「え?あれって...」
「鳶だね」
ばっさばっさ
「えーん,近づけないじゃない!」
「こんな数の鳶見たことないね」

(建物には入れましたが,空には,50羽近いトンビが
けんかしながら滑空していました。とっても怖い!)
「トンビの眼をかいくぐって,ぺったん。
あと一つで完成よ〜」

「ちゅりちゅり,スタンプに命賭けてるわね...」
スタンプのためなら!
金色の鳳凰現る! 「高岡市に到着〜。金物で有名なんだよね」
「金物ってこれ?」
「いや,こればっかり作ってるんじゃないだろうけど」
「じゃ,こんなの!」
「うーん,なんか違う」
ラジオ体操?
古い町並みのにゃんこ 「なに撮ってるにゃ?」
「この猫も金物?」
「ちがうにゃー!」
「古い町並みの金屋町。このポストも名物?」
「いや,これは郵便局のものだから...」

「ま,金物の街の雰囲気は味わえたかな」
(そうかなぁ...)
古い町並みにはこのポストがお似合い
すぐ横は庄川ダム 「今日のお宿は庄川峡」
「ふー,やっと一息。」
「あれ?うーちゃん,いたの?」
「カニと聞けば逃がさないよ(^o^)」
「あのぎゅーぎゅーのしらさぎ3号にも乗ってたの?」
「そうそう,体が半分になるかと思ったよ」
(縮んでるんじゃ...)
「チューリップの生け花ね」
「砺波が近くだから,チューリップは特産品なんだよ」
「え,じゃあ見に行くの?」
「残念,あと2ヶ月ほどだって」
次の日にはチューリップは上を向いていました
ブリに甘エビ! 「お待ちかねの夕食タイム!」
「おいしー(^o^) 北陸のお魚はうんまい!」
「カニ登場(^o^)」
「おいしそう(^o^)。縮んでも乗ってきた甲斐があるよ」
(やっぱり縮んだのね...)
ばばんとカニカニ
とろけるような甘さなのでした 「うーん,足も味噌も最高!」
「ま,松の葉が邪魔でカニがとれなーい」
「ふふふ,じゃあ,カニ刺しいだたき」
「あーん,私のカニ刺し〜」
カニ刺し取って〜
満腹ねむねむ 「ふー,食べた食べた」
「1年に1回は,カニだよね〜」
「でも,うーちゃん,毎回ぎゅーぎゅー詰めだと,
どんどん縮んじゃうよ」

「それはやだ」
次の日...
「昨日食べきれなかった釜飯を,おにぎりにしてくれたよ」
「じゃあ,これを持って,しゅっぱーつ」
「でも,雪が降ってきたから,これから駅に向かうんだって」
「がくっ」
今日は駅へ直行なの
何でもやります! 高岡駅に到着〜
「あなた誰?」
「ボク,利長くん」
「何歳?」
「400歳」
「...」

(高岡市は今年,開町400年だそうです。町を開いた
前田利長がキャラクターになってました。
でも,道案内する利長くん,って...)
「うわぁ,雪がどんどん降ってきたよ」
「今日は早めに切り上げて正解だね」
雪がどんどん
駅弁食べたいの〜 「しょうがないわね。じゃあ,このズワイガニ弁当を買って
帰りましょ」

「ひよちゃん,まだ朝よ」
「えー,でも,途中でお昼になるわよ。昼ご飯は?」
「あるじゃない,昼ご飯,ほら(^o^)」
「お,おいしーけど,ズワイガニ弁当が...くすん」
昨日のおにぎりなの
帰りはちゃんと遅れずに 「無事到着」
「今回は,行きも帰りも波乱続きだったわね」
「そうね。でも,この冬限定 ぶりの寿司があるし」
「ひよちゃん,いつの間に...」
「終わりよければすべてよしよ(^o^)」
駅弁は逃がさないわよ(^o^)
能登旅行1へ